給水ポンプ安価な圧力コントロール

DCIM0059DCIM0057

 

DCIM0062DCIM0063

 

クリーニング工場のお客様から、給水ポンプのウォーターハンマの改善依頼を受けました。

今まで圧力タンクを用いてON-OFFによる自動運転を行っており、ポンプ停止時にウォーターハンマーが

発生していました。

検討した結果、安価で故障の少ない方法として逃し弁で圧力をコントロールすることにしました。

これは、設定圧力まで上昇する(水の使用量が少ない)と逃し弁が大きく開きバイパス配管から戻す量が増え

圧力が低くなる(水の使用量が多い)と逃し弁が閉まりバイパスから戻す水量が減ります。

写真下はバイパス配管からの吐出し流量で、左が使用量が多い時・右が使用量が少ない時です。

シビアな流量コントロールでなければ、圧力タンクや複雑な回路構築が要らず安価な方法です。

今は、各種流量センサやインバータなどを駆使しての流量コントロールが多いですが、単純な方法も検討

してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

2017年03月01日