トーヨー内面研削盤 電磁クラッチカーボン及びホルダ製作修理

DVC00259.JPGDVC00265.JPGDVC00262.JPGDVC00260.JPGDVC00282.JPG

 

 

今回は、インターナルのワーク用電磁クラッチの修理です。

10年位前に弊社で製作したカーボンを取付けたもので、摩耗してクラッチが動作不良となり

交換作業を行いました。

 

以前の作業時にホルダに多くのクラックがあり、予備を弊社で製作納品しておきました。

写真上が取り付いていた物、写真下が弊社で製作したホルダです。

カーボンも現物に合わせて製作しており、今回はこれらを用いて作業を行い

後日新しい物をそれぞれ製作して納品いたしました。

 

本来なら、これはメーカー様からの供給となる部品ですが、既に10年前にクラッチ事業から

撤退しており当時から弊社で製作対応しています。

ここ2回ほど記事で「置き換え作業」を書きましたが、「置き換え」又は「単品で部品製作を行う」の

選択が必要な事が多々あります。

今回は部品製作での対応でしたが、過去の修理経験を含め

お客様にどちらが適しているか熟慮し修理にあたっています。

 

 

 

2020年04月27日