三和 バリ面取り機タイマー交換 カーボン製作

 

DVC00289.JPGDVC00283.JPGDVC00284.JPGDVC00253.JPG

 

 

今回は、ギヤの面取り機の修理の様子で、破損したタイマーの交換と

砥石モーターのカーボン製作依頼を受けました。

 

前回、部品の置き換えの記事を書きましたが、今回もタイマーの置き換えが必要となりました。

メーカーから取り付いている型の生産終了の案内があり、最終で同じ物か新しい物での置き換えの

選択となり、お客様と相談をして置き換えとなりました。

 

針式のアナログ型からデジタル表示の物に変更となり、大きさを合わせるスペーサーを製作して

現場で取付け配線変更を行いました。

新しい物は、残り時間がデジタル表示で分かりやすくなり

何より「1秒単位で正確に時間設定ができるので使いやすい」と高評価でした。

こちらのお客様は、品物によって1秒単位で時間調整したいことがあり、アナログの針式では設定しにくいそうです。

 

写真下は、砥石モーターのカーボンで、現物を基に採寸等を行い弊社で製作しています。

 

最近では昭和レトロとも言われたりしますが、昭和時代のニッポン製の物は造りが良く丈夫であります。

この機械もまだまだ多く稼働しており頑張っています。

 

 

 

 

 

2020年04月09日